« 「公務員基本条例案」の9月府議会提案の断念を | トップページ | 松井知事が「必要ない」と言った条例案を「維新」が府議会に提出 »

手取り年120万円で専門性を保てるか―福祉職員の人材確保策を

「手取り年120万円の非正規職員、これで専門性は保てるか」

福祉保育労が人材確保の改善策もとめ大阪府交渉

福祉施設の職員がつくっている「全国福祉保育労働組合大阪地方本部」は1月23日、人材確保のための大阪府独自政策を大阪府に要望し、交渉をおこないました。
保育・障害・高齢・児童養護・救援など福祉施設の職員や利用者の切実な声を府につきつけ、改善を求めました。
府は、「府の財政状況から府独自の改善策は困難」「国に要望している」という回答でした。
同労働組合は、「公的福祉拡充・人材確保をめざす運動を、引き続きすすめていきましょう」とよびかけています。
福祉保育労働組合大阪地方本部機関紙「ともしび」2013年3月号の記事
  ↓

|

« 「公務員基本条例案」の9月府議会提案の断念を | トップページ | 松井知事が「必要ない」と言った条例案を「維新」が府議会に提出 »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手取り年120万円で専門性を保てるか―福祉職員の人材確保策を:

« 「公務員基本条例案」の9月府議会提案の断念を | トップページ | 松井知事が「必要ない」と言った条例案を「維新」が府議会に提出 »